推拿整体実技

我が恩師の施術風景です

推拿を学ぶなら

国際中医学院

http://kokusaituina.com/

↑クリック
↑クリック
↑クリック
↑クリック

大阪 福島区

辛 整体院

http://shinseitaiin.web.fc2.com/

↑クリック
↑クリック

 

 

 

 

 

大阪 梅田

みどり推拿整体院

http://www.midorituina.com/

↑クリック
↑クリック

滋賀 草津

しらさか推拿整体

http://www.eonet.ne.jp/~shirasaka-suina/

↑クリック
↑クリック

兵庫 尼崎

手技もみ柳屋

http://www7b.biglobe.ne.jp/~suina-yanagiya/

    倒福
    倒福

推拿は…

      {筋肉・骨格だけではなく内蔵機能にも効果がある}

手を用いた手法により治療を行う中医学の 一部門 であり、

その治療は一般に傷筋骨の整復が知られているが、

中国では内科系統の疾病に対する治療も多く行われ、

治療範囲は広く効果も大きい

推拿療法は…

     {表面の刺激が深部に浸透する}

具体的な病状に基づき各種の手法を運用し、体表の特定部位や穴位上に刺激を加えることにより、作用が体内に浸透して、各器官や内部臓器の機能を良性方向に転換し、臓腑機能を調整して治療作用を起こす。

 

現代このような推拿の作用原理は、身体組織や各器官についての各種実験や臨床結果を基に、より広く研究され推拿はさらに発展している

内臓機能の調整

{ツボや経絡の刺激が血管・リンパ管・神経に伝達し内蔵に働く}

各器官の機能が失調し、それが著しくなると疾病が発生する。

これを中医学では陰陽の平衡が失調し、生体機能に乱れが生じ疾病が発生するとしている。

 

推拿は陰陽の失調を平衡させる作用があり、各器官や内部臓器の機能を正常な状態に調整する。

強い刺激の手法では、神経や筋肉を興奮させ、緩やかで軽い手法では神経や筋肉の興奮を抑制する働きがある。

 

胃腸運動に対する実験で、脾兪穴・胃兪穴・足の三里穴などに連続刺激を行い、施術前と施術後の胃の運動を比較した結果、機能が亢進しているときは抑制し、衰退しているときは増強する作用があることが、実験において確認された。

免疫力の増強

     {身体の自然治癒力を向上させる}

施術前後の血液成分の変化に対して、

①赤血球数 ②ヘモグロビン量 ③白血球数 ④白血球の食菌能力 ⑤血清補体力価を観察した実験報告によると、

背部の 足太陽膀胱経に10分施術を行い、施術前・5分後・1時間後に測定した結果、

①少量の増加 ②変化なし ③平均19.7%増加 ④平均4.02%増加 ⑤わずかに増加した。

 

推拿療法を行うと、顔色が良くなり、食欲が増したりする。

 

これらは健康回復や体力増強につながるひとつの作用である。

血液循環の改善

     {血行を促進し、血液を浄化する}

身体局部の温度上昇と血管拡張に関して、男性20名に行った実験結果がある。

 

施術開始1分後は、皮膚温度が上昇したが血管の明確な拡張はなかった。

施術開始2分後、皮膚温度は上昇を続け、血管容積の拡張開始が確認された。

施術開始5分後では、皮膚温度上昇と血管容積の拡張は、全員一定に増加した。

 

推拿の手法は、筋肉の収縮と緊張の調整を行い、組織間の圧力を調整し、損傷組織周囲の血液循環を促進し、血液灌流量を増加して、瘀血を活血にする作用がある。

鎮痛、止痛、消炎

    {速やかに痛みを軽減し緩和する}

推拿手法による局所への強刺激の繰り返しは、局部組織の痛みの許容限界を高め、それにより疼痛感覚の限度が高まり、疼痛が次第に自覚されなくなり疼痛が軽減される。

 

また、損傷局部の腫脹を除き、軟部組織間に貯留されている間質液や代謝産物を減少させる効果がある。

これらの物質によって生じている末梢神経に対する刺激を取り除き、疼痛感覚を減少させることが出来る。

 

そして、神経線維の興奮性を高めることにより疼痛感覚の伝達を抑制する作用がある。

推拿手法の緊張や痙攣した筋を弛める作用は、筋に生じた虚血性疼痛を消除する。

 

 

~「図解 内科の推拿療法」より 引用 ~